『今日の吉沢』令和維新、維新経営、維新のためのIT化

吉沢です。ほぼ日更新している「今日の吉沢」、お読みいただいているでしょうか?
「ちょっと吠えすぎじゃない?」といった忌憚ないご意見もお待ちしています(笑)。どうぞおつきあいください。

令和維新、維新経営、維新のためのIT化

明治維新の際に蒸気機関が日本にもたらされたのと匹敵するくらい、今は令和維新、デジタル維新の時代と言ってよい。この変化についてこれない、対応できない経営者は、維新後の世の中に生き残れない。

まずは業務の仕組み化である。社内を見渡してアナログでもデジタルでもよいので、会社の業務の仕組みができあがっていて、各業務間がシームレスに連携されているか。いつまでも人間が「仕事のバケツリレー」をしているところはないか、見れば一目両全である。

「システム化」=「IT化」ではない。システムとは継続的に成果や結果を出す「仕組」 のことで、その仕組みをITを用いて実現することが「ITシステム化」である。だからそれがアナログであったとしても「仕組」がない会社のITシステム化はできない。ITを使えば仕組ができるわけではないからだ。

経営者は肝をすえて、生き残る策を講じなければいけない。

だから、BAISOKUは経営者とともに、真剣に業務に向き合い、話し合い、試行錯誤しながら最適な「システム」を考え、そしてつくり上げていく。このために知識を深め、技術を磨き、ようやくたどり着いたソリューションがBAISOKU試行錯誤開発である。

真剣に業務に向き合い、会社永続のため、社員のため、関係各位のために「いい会社づくり」をする、そのためにデジタル化IT化をする、という意思のある経営者のために、BAISOKUは全力で支援していく覚悟である。

BAISOKUの代表である吉沢が、みなさまへ向けた熱いメッセージをぜひ1日1回お受け取りください!

メールマガジン登録お願いします!

    企業の利益づくりのヒント満載!【 無料 】
    今すぐ下記のフォームからご登録ください

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)


    ※ ご登録いただいた情報は、当社個人情報保護方針に基づき厳重に管理いたします。