ITで中小企業に改革を BAISOKU

03-6907-3904 電話
受付時間
平日 10:00 ~ 18:00

新着情報

  1. HOME
  2. 新着情報
  3. ピンチ!はチャンス!(悪条件の中での推進)ピンチ!はチャンス!(...

ピンチ!はチャンス!(悪条件の中での推進)

今日の吉沢

ピンチ!はチャンス!(悪条件の中での推進)

「現実」の周囲の状況が望ましくないからこそ、「理想」という考え方が登場してくる。理想(到達点)とは現実(出発点)からかなり隔たりがあるからこそ、理想と言えるのである。

現実がわるすぎる、と言って嘆いている人がいるが、そこは少し考え方を変えるべきだ。理想は容易に到達しないからこそ理想である。

また、「条件」というのは流動的なもので、今わるくとも将来はよくなることもあるし、またその反対もある。人間のやり方しだいではどちらにも動くものだ。

悲観的な人は、いま直面していることのわるい一面だけを見て「どうしようもない!」とすぐあきらめてしまう。まさにこれは「人頼りの姿勢」であり「現状に甘んずる姿勢」である。

条件に流され、支配される生き方ではなく「わるい条件こそまさに自分を成長させてくれる、いいチャンスだ」という気持ちになって、いつも主体的に行動すれば条件を楽しむことができるし、最大限に活用することもできる。

カテゴリ