ITで中小企業に改革を BAISOKU

03-6907-3904 電話
受付時間
平日 10:00 ~ 18:00

新着情報

  1. HOME
  2. 新着情報
  3. 「やみくもにがんばる」から「頭をつかう」時代へ「やみくもにがんばる」...

「やみくもにがんばる」から「頭をつかう」時代へ

今日の吉沢

 

戦後の日本人にとって「がんばる」ことが美徳だった。実際にがんばれば、のし上がることができた時代だった。昭和平成を経て、いまだに「とにかくがんばる、みんなでがんばる」方式の会社が多い。
「働き方改革」「コロナ禍」を経てもなお「サービス残業」や「ふろしき残業」の会社がなくならないのはなぜか?
この令和は、もはやたんにやみくもにがんばる時代ではない。時代が「がんばらない」ことを要求しているからだ。「長い時間やればやるだけ結果がでる」時代ではない。人間が10時間かかって計算していたことを、コンピュータは1秒かからずやってのけるのだから。

人間は、身体をつかってがんばる時代から「頭を使って」がんばる時代になった。
これからの、企業における「優秀性」とは、単によい学校をでたとか偏差値が高いとうことではない。
今あるITを賢く選択して賢く使うことができるか。目の前の課題を、ITで解決できるものはITで解決する、という選択をすることができるかどうか、にかかっている。
もし自社の課題にきづいていて、ITで解決できそうなら、またはできるかどうか知りたいならBAISOKUへ!

 

# 働き方改革 # ITで解決

カテゴリ