経営×統計学 IT武器化思考 スピード 利益

Speed Up

  「経営×2(統計学)」「生産性×2」「利益×2」の切り札、それがIT武器!

BAISOKUマンダラ図(BAISOKUの強み)
※IT武器力の構成:勝たせたいというおもい、プログラム、データ(情報)、スピード、統計学データ分析、TOC、ビジネスフレームワーク
[7] ビジネスフレームワーク力
3C 3M 7S SWOT 4P BSC PDCA ランチェスターの法則 etc
[8] 事例の力
微差を積み上げて30年
[1] IT武器化思考とは?
ITを武器化しようとする
攻めの経営思考法
[6] IT-TOC力
TOC(制約理論)の力を
ITで具現化する
IT武器

(イノベーション)
[2] IT開発力
試作積み上げ開発。速い、安い、うまい、柔らかい、導入しやすい
[5] IT倍速力
スピードこそ力
「生産性×2」
[4] IT統計力
統計学データ分析による
未来を予測する力
[3] IT分身力
「人」や「プロセス」を
コンピュータに分身させる力
「IT武器メーカー」のBAISOKU
になるために
「ソフトウェアは固かった」を
30年かけて柔らかくしました!
4つの一番
5つの基本ソリューション
業務システム+統計学データ分析=データ駆動型組織を作る

4つの一番
①導入しやすさ一番  (試作積み上げ開発)
②安さ一番      (月額レンタル型(5万円~))
③柔らかさ一番    (臨機応変、変幻自在)
④利益速度アップ一番 (スピードアップ、コスト削減、売上アップ、利益アップ)

5つの基本ソリューション(※安価で粘土のような柔らかソフトです。)
①中小企業の業務システム全般
②生産性アップ
③働き方改革
④介護業界向け
⑤新ビジネスモデル試作積み上げ開発
+統計学データ分析
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★スピードアップと利益に貢献するIT武器をお作りします。★
★        IT武器=IT設備投資        ★
★    なんでもお気軽にお問い合わせください。    ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
生産性
(まずは生産性アップから)
●「新成長戦略」「第4次産業革命」 ★今後2年で中小企業1万社以上にIT導入支援
●「第4次産業革命」のIT導入なら、「低価格でオーダーメード」はIT武器メーカーのBAISOKUだけ!
●「新三本の矢」「生産性革命」
●もっと生産性をアップしたい
●ムダムリムラをなくしたい
●業務全体を生産的にしたい
●真のボトルネックを見つけたい
●スピードアップの可能性を検討したい
知識労働の生産性を「倍」にしたい
BAISOKUスピードに興味がある
「BAISOKUインスタント開発」インスタント風業務システム開発を検討したい
利益
(利益に集中する)
●売上(を増やす)
●コスト(を減らす)
●在庫(を減らす)
利益に集中する仕組みに興味がある
”利益速度”に興味がある
【働き方改革】緊急課題! 課題①深夜残業をなくす
課題②休日作業をなくす
課題③残業時間を減らす
課題④「時短」を促進する
「時短」のための生産性向上はどうしたらいいのか
働き方を変えても利益を減らさないようにするには・・・
人材不足、「時短」を進めたいが・・・
在宅ワーク、テレワークを活用したいが・・・
「時短」しても利益を減らさない。「IT武器」の可能性が知りたい
営業
(常に需要>供給に)
●顧客情報を共有化したい
●営業担当者の頭にあるお客様"情報"を囲い込みたい
営業プロセスでの取りこぼし(ボトルネック)を見つけたい
従業員
(頭を使う時間を増やす)
●少子高齢化、人材難にどうしたらいいか不安
●未来にわたって、採用費、教育費にどう対応したらいいか
●残業を減らしたい
●有休消化義務に対応するため、人に変わる労働力を増やしたい
●社員が一丸となるための仕掛け、仕組みをつくりたい
●”目標”に向けたコミュニケーションの仕組みを検討したい
●急な休職、退職に備えたい
●採用コストを最小にしたい
●教育コストを最小にしたい
業務改善(カイゼン) ●業務を見える化したい
●業務改善PDCAサイクルの仕組をつくりたい
継続的改善に興味がある
自社の継続的改善の仕組みを根付かせたい
データベース化
(データは宝の山)
●業務ノウハウをデータベース化したい
●顧客データベースをつくりたい
●データベースを差別化の武器にしたい
●データ分析手法を導入したい
●経営に統計的手法を導入したい
歴史のない会社→歴史のある会社に
TOC制約理論
(全体最適を浸透させる)
●部分最適化ベースのルール(減らす)
●全体最適化ベースのルール(増やす)
真の企業マネジメントの仕組みができないか検討したい
ゴールシステムに興味がある
①現在から将来にわたって、お金を儲ける
②現在から将来にわたって、従業員に対して安心で満足できる環境を与える
③現在から将来にわたって、市場を満足させる
コンピュータシステム化
(素手で戦う時代ではない)
●コンピュータシステムの事例が知りたい
●IT武器を持ちたい
●顧客自動フォローアップシステムの仕組み
●経営コクピット
●TOCベース(高利益速度)システム
●TOCLSS(TOC+リーン+シックスシグマ)指向システム
一般的な業務システム
(ツール型IT。旧来の部分最適化システム)
●顧客管理システム
●販売管理システム
●営業支援システム
●生産管理システム
●在庫管理システム
●勤怠管理システム
●経営情報システム
中小企業向け業務システム
(ツール型IT。旧来の部分最適化システム)
●基幹系システム
●情報系システム
●基幹系と情報系の統合システム
●製販統合管理システム
●WEB受発注システム
介護事業者向け業務システム ●「新三本の矢」「介護離職ゼロ」 -- ICTの導入に興味がある
●訪問介護システム
●介護施設システム
●介護旅行統合システム
●自費サービス販売管理システム
●顧客データベースシステム
●よりよいサービスを提供するシステム
●「働く高齢者(スタッフ)」のための業務システム
マッチングシステム ●人と仕事をつなげるマッチングシステム
●人と人をつなげるマッチングシステム
●三方良しの3者をつなげるマッチングシステム
●業界特化型のビジネスモデル試作版
BAISOKUゴールシステム開発
ゴールシステム開発は、
小さくからはじめるのがお奨めです
(パッケージではありません)
(すべて手作りです)
(業界最安値です)
BAISOKU倍リターンシステム
利益取りこぼし撃滅システム
BAISOKU「和」システム
「論語と算盤」システム
事業承継のための「BAISOKU承継アシスト」システム
新陳代謝のための「BAISOKU新陳代謝アシスト」システム
●キャッシュマシーンシステム
●TOCベース業務改善システム
●スピードアップシステム
●「なるおそ・ばいそく」システム
●生産性「倍力」システム
●再生力システム
●分身力システム
●社長分身力システム
●利益を生む成長システム
●オリジナルの業務"小"システム(ちょっとした仕掛け・仕組みが大きな利益を生む)
●新しいビジネスモデルの試作積み上げ開発(最小コストで最速開発)
●営業を強くする名刺管理システム
●営業プロセス自動フォローアップシステム
●社内改善微差積み上げ武器化システム
●限界を取り除くシステム
●制約条件を見つけるためのデータ分析システム
●提案のためのPOSデータ分析システム
●お客様情報を武器にするためのIT日報
TOCの「現在から将来にわたって儲け続けること」に興味がある
願望実現化のシステム
会社組織(システム)を強くする 営利企業の目的(つまりゴール)とは「現在から将来にわたって儲け続けること」
●会社組織(システム)を強くしたい
●科学的経営に興味がある
●ゴールシステムに向けた取り組みに興味がある
自社のビジネスを展開したい ●コンピュータの力をてこにして、自社ビジネスを横展開したい
●シンプルなフランチャイズ化はできないか
●長年の強み・経験をビジネスモデル化して他社に売りたい
「IT武器化思考」
攻めの経営には
統計学データ分析など科学が必要
●攻めの経営 IT武器(+思考)=
   ①統合型シンプル業務システム+
   ②全体最適化を目指すIT経営+
   ③統計的手法によるデータ分析+
   ④TOCベースの利益を上げ続けるPDCA+
   ⑤倍速スピード(スピードが勝敗を決める)
●「IT武器化思考」があってこそITを会社の武器にできる
●攻めの経営には「科学」が必要
●コスト削減に、統計学データ分析を使いたい
●利益アップに、統計学データ分析を使いたい
●「データサイエンティスト」を「人」ではなく「仕組み」で持ちたい
●「統計学データ分析」を“矛・盾”として使いたい
●「将来を予測する目」を持ちたい
バリューを販売する ●他社と差別化を図る仕組みをつくりたい
●テクノロジーの販売からバリューの販売へ変えたい
会社目標 ●会社目標を社員全員と共有したい
●数字目標を達成したい
ビジネスフレームワーク(一部) 戦略
●3M:人/物/金 (+時間、情報、関係)
●3C:顧客/競合/自社 (+協力者)
●7S:戦略/構造/システム/価値観/能力/人材/文化
●SWOT:強み/弱み/機会/脅威
●BSC:財務/顧客/業務プロセス/学習と成長
マネジメント
●PDCA
●ムダ/ムリ/ムラ
●重要度/緊急度マトリクス
問題解決
●ロジックツリー
●プロセスマップ
●マインドマップ
マーケティング
●RFM分析
●パレートの法則
●STP
統計学データ分析(一部) ●基本統計量
●時系列分析
●多次元分析
●相関
●単回帰分析
●重回帰分析
●デシル分析
●ABC分析
●クラスター分析
●コンジョイント分析
●全体最適化組織+IT武器+統計学データ分析により勝利方程式を作る!
経営資源
(5つの経営資源と7つの経営資源)
5つの経営資源を7つ(7S)の経営資源にどう配分するか?
IT武器化思考で7Sの力を「倍」にしませんか?
●5つ:人、物、金、時間、情報
●7S:戦略、組織構成、システム、価値観、能力、人材、文化
仕組み ●社員の仕事水準を高め、一定にしたい。属人性を減らしたい
●重要度と緊急度から優先順位を決める仕組み
●変化に強い組織をつくるために自社独自の仕組みを持ちたい
データ駆動型組織とは ●”業務”データから成果を生み出す、データ駆動型組織を作るには...
●”業務”データを業務プロセスをコントロールするのに使用していますか?
●”業務”データを営業プロセスをコントロールするのに使用していますか?
●”業務”データを経営の意志決定に使用していますか?
●”業務”データを”会社の利益と成長”を予測するのに使用していますか?
●”業務”データを継続的改善PDCAを回すために使用していますか?
●”業務”データをパートナーとWin-Winの関係になるために使用していますか?
●”業務”データを(次世代の)新ビジネスモデルの原石・種にしていきませんか?
IT武器を手にして、 ●人材不足、採用難をなんとかする
●生産性をアップする
●売上をアップする
●社内データを「宝」に変える
●統計(学)を徹底的に活用する
●営業力を強化する
●組織を強くする
●業務プロセスを全体最適化ベースのものに変える
●ボトルネックを見つける仕組みをつくる
●継続的改善PDCAを回す
●永続する組織になる
●つまりはイノベーションを起こす組織をつくる
「働き方」を変えるにはIT武器の活用を! ●「働き方改革」のためのIT武器
●ワークライフバランス(WLB)を促進するためのIT武器
●テレワーク促進のためのIT武器
●そして、「イクボス」促進のためのIT武器
ビジネス戦法
織田信長の「鉄砲三段撃ち」
●儲かっていないのなら→利益を取りこぼしているからなのか?
●利益の取りこぼしがないのなら→新規開拓に集中するしかないのか?
●なにがなんでも自社の強みをさらに強くしたい。より強力な武器を手にしたい
●ビジネスはスピード。中小企業はスピードが命。そのスピード(技術)を手に入れたい
織田信長の「鉄砲三段撃ち」をコンピュータで実現できないか
強い組織になるには ●営利企業である自社のゴールを設定し、従業員全員で共有し、
システムの本質をよく理解し、システムの揺らぎをコントロールし、
営業プロセスにおいて常に需要を供給より多くし、
(”利益”を生むための)継続的改善プロセスを楽しんで回せる会社、
これが強い組織になる唯一の方法と思われる

BAISOKUは、IT武器化思考によるIT武器でスピードアップと利益に貢献します。
これからの時代は「ITをうまく使う力」が勝敗を決めるはずです。
攻めの経営には科学(統計学データ分析、TOC、他)が必要。
このまま人間力だけに頼る経営か、IT武器による攻めの経営を行うのか。
経営課題やIT化に関することなど、なんでもお気軽にお問い合わせください。
利益を上げ続ける組織をつくるために「IT武器」の検討を強くおすすめします。
スピードが勝敗を決める時代です。経営資源を倍にする「IT武器」の検討を!
★多数のご意見・ご質問をいただいております。ありがとうございます。
~IT化企画構想・開発・運用・保守・改善PDCA~
早い安いうまいの最安値リーダーのBAISOKUです。(うまい=利益につなげるのが)
「経営課題のもやもや」があれば、お問い合わせ後、”なるはや”でお伺いします。
IT武器=IT設備投資の時代です。お気軽にお問い合わせください。

 お名前  必須
 企業名 
 メールアドレス  必須
 確認メールアドレス  必須
 お問合せ内容  必須   ※ご登録いただいた情報は当社個人情報保護方針に基づき厳重に管理いたします。

↑このページの上へ