【Q】あなたなら、どちらのグループにアプローチしますか?

BAISOKUの吉沢です。

先日のブログ「「平均」のワナ。」はお読みいただいたでしょうか?

分析する際は、単純な「平均」だけではなく、「中央値」という見方も必要だというお話をしました。

今回は、さらに「中央値」だけでは、アテにならない場合があるので要注意、というケースをご紹介します。
それは、データに「ばらつき」がある場合です。

ここに、各々18人ずつ、2つのグループがあります。
(枠内の数字は年齢です。)

キャプチャ2

さて、ここで問題です!
3秒でお答えください。

「あなたが、建売住宅の営業担当だったとしたら、
どちらのグループにアプローチしますか?」

もう少しヒントを出します。
この2つのグループ、どちらも平均年齢は37歳。中央値はAグループが35.5歳、Bグループが30.5歳です。

いかがでしょうか?
なかなか悩ましいところですね。

では、このグラフをご覧になったらどのように判断されるでしょうか?

キャプチャAグループは、30代を中心にデータが中央に寄っています。一方Bグループはデータにばらつきがあり、20代と60代にデータが偏っています。

お答えは決まりましたが?

そう、私なら購買力のあると思われる30代が多い、Aグループを攻めると思います。

最初にあった数字の羅列では見えなかった、グループの性格や特徴が、グラフにするとよく分かるようになります。

「データ分析」は、分析することが目的ではありません。
単なる数字の羅列に見えるものを「データ」として活用し、判断材料となり、行動を促すためのトリガーにするためのものです。

未来を予測し、未来を創る。

そのために、必要な時、必要なだけ統計(学)を使う。
売りなくして事業なし、営業なくして経営なし、統計なくして未来なし!!


「自社でデータ分析なんてできない!」「面倒・・・」というかた、
「こんなことできるの?」「どんな効果があるの?」といった疑問など
BAISOKUへご相談ください。

BAISOKU 吉沢へのご連絡はこちら(必ず読みます)


「~低コストですぐ実現する『IT武器化入門』セミナー」

を開催しています。(毎週木曜日)

午前の部 11:00-12:30
午後の部 18:00-19:30

お申込みはこちらからどうぞ!


「速い」「安い」「うまい」を信条とし、導入しやすいスモールスタートで、業務を整理し、効率化、生産性向上をクリアしながら、さらに売上拡大へとつなげる、
AI機能の搭載、また他社のAPIと連携することも可能です。

検討するにあたり誰かに聞いてみたい…まずは弊社にご相談ください。

2 thoughts on “【Q】あなたなら、どちらのグループにアプローチしますか?

  1. ピンバック: purchase social shares

  2. ピンバック: Homepage

コメントは停止中です。